ワーキングぺーパー、ブックレット

ピースデポが発行するワーキングペーパーやブックレットです。学習会などの資料としてぜひお役立てください!   ご注文は、下記のフォームにて受け付けています。すべて送料別です。

書籍注文フォーム

ピースデポ・ワーキングペーパー No.3J「D.P.R.K.の核兵器運搬手段」

~北朝鮮(D.P.R.K.)の核開発の意味を正しく知るため、その運搬手段の実態に迫る~

◆目次: 運搬手段分析の意味/爆撃機/地上発射弾道ミサイル/潜水艦発射弾道ミサイル/非正規手段
◆図表: DPRKミサイル開発年表/DPRKの弾道ミサイル要約/地図-平壌からの距離

著者:梅林宏道
発行:ピースデポ(2016年9月25日、第1版)
価格:300円(送料別)
体裁:A4判、31ページ

こちらからデータをダウンロードできます。

ピースデポ・ワーキング・ペーパーNo.2E(英語)“Missile Defense Operations of US Aegis Ships Based in Japan”(日本配備の米イージス艦によるミサイル防衛作戦)

著者:梅林宏道
発行:ピースデポ(2007年4月)
価格:500円(送料別)
体裁:A4判、63ページ

こちらからデータをダウンロードできます。

ピースデポ・ワーキング・ペーパーNo.1E(英語)“A Model Treaty on the Northeast Asia Nuclear-Weapon-Free Zone”(北東アジア非核兵器地帯モデル条約)

著者:梅林宏道 、コメンテーター:ディンリ・シェン、J・エンクサイハン、ウクシク・チョン
発行:ピースデポ(2005年11月)
価格:500円(送料別)
体裁:A4判、32ページ

こちらからデータをダウンロードできます。

ブックレット「2010年核不拡散条約(NPT)再検討会議―市民社会からの総括」

発行:ピースデポ(2010年8月6日)
価格:500円(大量部数注文の方はご相談ください)
体裁:A5判、64ページ

■ 第1部【講演録】
 ピースデポ・明治学院大学国際平和研究所(PRIME)共催セミナー:
 「2010 年NPT再検討会議を市民の立場から振り返る」(2010年6月11日)
   基調講演: 梅林宏道(ピースデポ特別顧問)
   討論:  山田寿則(明治大学)
      高原孝生(明治学院大学国際平和研究所)
      吉田 遼(NPO法人セイピースプロジェクト)

第2部【資料】2010年NPT再検討会議 最終文書(全訳)

第3部【解説】 「最終文書をこう読む」 梅林宏道

 

日韓ツインブックレット『北東アジア非核地帯』(日本語版)<在庫切れ>

編者:梅林宏道、イ・サムソン、日韓共同刊行委員会
発行:ピースデポ(2005年3月15日)
価格:300円
体裁:ブックレットサイズ、104ページ

向かって左が韓国語版、右が日本語版

「東北アジア非核地帯」に関心のある人におすすめの1冊! 庭野平和財団の助成を受けて、ピースデポと韓国のNPO平和ネットワークが共同で制作。

梅林宏道氏、イ・サムソン氏(翰林大学教授)、土山秀夫氏(元長崎大学学長)など、日韓の専門家が、「なぜ非核地帯が重要か」を論じているほか、「スリー・プラス・スリー案」の意義と論点の解説、中国、モンゴル、韓国からの視点、モデル条約案の全文紹介、初心者のためには入門講座もある。

序文では世界的なアーティスト坂本龍一氏が「東アジアの緊張を解くための方法」を独自の発想で語り、また、韓国の民衆歌謡の代表的な歌手であるチョン・テチュン氏が、日韓の連帯を祝して、自ら作詞した「きのこ雲の歌」を贈っている。

東北アジア非核地帯への理解を深める上で最適の教科書です。


リーフレット『なくなるのはいつ?-未来のためのガイドブック』<在庫切れ>

発行:ピースデポ、日本生活協同組合連合会
価格:100円
体裁:幅9cm×高さ13cm 蛇ばら式両面16ページリーフレット

ピースデポ初の「核軍縮入門」ツールが登場しました! 世界の核兵器の現状や核をめぐる問題点について、分かりやすく解説したポケットサイズのリーフレットです。

核兵器のない未来への軌跡を描いた「ものがたり-そして核兵器はなくなった」と、「核兵器ってなに?」「世界の現状は?」「どうしてなくならないの?」などの疑問に答える分かりやすい「解説」から構成されています。

核軍縮問題の学習ツールとしてぜひ幅広くご活用ください! 平和イベントでの配布物として、またワークショップ、学習会等のテキストとして最適です。
 

ピースデポ・ブックレット『米国・核態勢見直し(NPR)』

著者:梅林宏道、暴露部分全訳
発行:ピースデポ(2002年10月発行)
頒価:350円(会員価格 300円)
体裁:A5判、64ページ

「核軍縮と非核自治体●2002」に掲載しご好評をいただいた「核態勢見直し(NPR)」の全訳および解説記事(梅林宏道)を、手軽なハンドブック版に再録しました。座右の資料として、またグループの教材として、ぜひお求め下さい。
 

『米軍の残した毒物の遺産』

原著:非核フィリピン同盟
訳:平和資料協同組合(準)
頒価:300円
体裁:A5判、36ページ
発行:1995年3月

フィリピンの市民運動が創り出した、米軍基地跡地の有毒・危険廃棄物に関する記録の日本語判。パンフレットの収益は現地の運動にカンパとして送られます。


『太平洋における米軍』(品切れ)

原著:米国会計検査院
訳:平和資料協同組合(準)
頒価:1,000円
体裁:A4判、118ページ
発行:1992年4月

アメリカ合衆国会計検査院(GAO)の報告書、「軍事的プレゼンス 太平洋地域における米軍」の全訳。

 

『市民の提案<極東条項>による在日米軍削減案(骨子)』

作成:平和資料協同組合・米軍削減案作業グループ
頒価:1,000円
体裁:A4判、33ページ
発行:1996年3月

 

『資料:沖縄米軍基地返還を求めるハワイ州議会の決議』

頒価:100円
体裁:A4判、4ページ
発行:1994年6月