核兵器・核実験モニター バックナンバー

522号(2017年6月15日)

公開日:2017.06.12

  • 【核兵器禁止条約交渉】
  • 第2会期に向け議長草案
  • ――核保有国参加の「2つの道筋」を想定
  • 核兵器禁止条約を交渉する国連会議の第2会期を前に、エレイン・ホワイト議長(コスタリカ大使)による条約草案が5月22日、公表された。核兵器のいかなる使用もその非人道性にかんがみ国際法違反と宣言し、包括的な禁止規定により核兵器そのものを違法化する草案は、3月会期で広く合意された事項を概ねカバーしている。ただ、「使用の威嚇」を明示的に禁止していないなど問題点もある。6月15日にニューヨークで再開される交渉会議では、草案をたたき台として、条約の成案確定に向けた討議が繰り広げられる。
  • <資料1>核兵器禁止条約・議長草案(17年5月22日) (明治大学講師・山田寿則さんによる暫定訳を許可を得て転載させて頂きました)
  • <資料2>暫定日程表(17年6月15~23日)
  • 【資料】核兵器禁止条約議長草案に関する核不拡散・核軍縮アジア太平洋リーダーシップ・ネットワーク(APLN)声明(全訳)
  • 【NPT再検討会議準備委員会の議論から】
    禁止条約、北朝鮮、安全の保証 
    <資料>クラスター1(核軍縮)でのロシア政府代表発言(抜粋訳)
  • 【「軍事研究」反対を継承】
    玉虫色の学術会議声明――科学者間に意見の相違も
              九州大学名誉教授 中山正敏
  • <資料>日本学術会議「軍事的安全保障研究に関する声明」
  • 【日誌】核・ミサイル/沖縄(17年5月21日~6月5日)

※7月1日は休みます。次号は7月15日合併号です※

くわしく

520-1号(2017年6月1日)

公開日:2017.05.30

  • 【米軍に情報公開請求】
  • 弾道ミサイル防衛能力を持つ米イージス艦の全艦名が判明
  • ――最新鋭艦の半分が横須賀に
  • 世界中に配備されている米海軍イージス艦のうち弾道ミサイル防衛能力を持つイージス艦の配備港ごとの全艦名を掲載した米軍文書を、ピースデポが初めて入手した。横須賀には最新の能力を持つイージス艦の半数が配備されており、ここから米軍の世界的ミサイル防衛戦略における日本の基地の際立った役割を知ることができる。
  • <資料>BMD能力艦配備リスト(2016年5月現在)
  • 【2020年NPT再検討会議 第1回準備委員会(ウィーン)参加報告】
  • <資料>ピースデポ発言「北東アジアにおける核リスクの低減と軍縮」(17年5月3日、国連ウィーン本部)
  • 【日本のプルトニウム政策を検証】 
     18年「日米原子力協定」延長にらみ国際会議
              原子力資料情報室 松久保 肇 
     <資料>Pupo2017声明(仮訳)
  • 【被爆二世が国賠訴訟を提起】
     「遺伝的影響」を視野に援護策の不在を問う
              弁護士 足立 修一
  • 【連載「いま語る」72】「伝え続ければ願いは叶う」
       楪 望さん(フリーアナウンサー、広島県観光特使)
  • 【日誌】核・ミサイル/沖縄(17年4月21日~5月20日)

くわしく

519号(2017年5月1日)

公開日:2017.04.27

  • 【朝鮮半島危機】 米国と北朝鮮は戦争挑発をやめよ
    •  外交交渉こそ解決の道――今こそ「非核兵器地帯」をテーブルに
  • 国連安保理決議に反して核実験と弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に、米国は「あらゆる選択肢」で対抗するとして、体制打倒までを想定した米韓合同演習を展開している。軍事圧力・制裁と挑発的言動の応酬には、たえず偶発的武力衝突の可能性が潜む。一方、日本政府とTVメディアは「核とミサイルの恐怖」を煽り、政府与党からは対北攻撃能力を含む軍拡提案がなされている。軍事圧力と挑発の迷宮から脱する道は外交交渉と信頼醸成以外にない。今こそ、市民の側から「北東アジア非核兵器地帯」という対案をテーブルにのせるときである。
    • コラム〉 北朝鮮の核・ミサイルをめぐる動き(17年1月1日~4月23日)
    • 資料〉 自民党政務調査会「弾道ミサイル防衛の迅速かつ抜本的な強化に関する提言」(抜粋)
  • 【核兵器禁止条約交渉】
    • ●核保有国・依存国の「巻き込み」戦略も討議――国連会議3月会期の議論から
    • ●日本の「交渉不参加」は被爆者と国際社会への背信――「核の傘」から「非核兵器地帯」へ
    • 資料〉核兵器禁止条約交渉会議における高見澤将林軍縮大使の演説(抜粋訳)
  • 【日誌】 核・ミサイル/沖縄(17年4月6日~4月20日)

※5月15日は休みます。次号は6月1日合併号です。※

くわしく

518号(2017年4月15日号)

公開日:2017.04.11

  • 【核兵器禁止条約交渉3月会期】 浮かび上がる条約の輪郭 
  • 「禁止先行」を想定し議論 議長「7月に成案採択を」
  • 「核兵器を禁止し完全廃棄に導く法的拘束力のある文書を交渉する国連会議」(以下「交渉会議」)の前半の会期が3月27~31日、ニューヨークの国連本部で開催された。初日に日本政府が議場内、米英仏などが議場外で法的禁止への反対を表明したが、会議は、禁止条約を生み出そうという熱気に終始、包まれていた。具体的な議論が活発に行われ、議長が交渉会議閉幕時の7月7日に条約成案を採択することを明言して会期は終了した。
  • 【ピースデポ第18回総会記念講演会・抄録(2)】
    • いかなる「禁止条約」を構想するか
    • ―「核軍縮枠組み条約」と北東アジアの非核化 
      • 田巻 一彦(ピースデポ代表)
  • 【連載】いま語る― 71 難民の女性が平和構築のカギを握る
    • 根本 かおるさん(国際連合広報センター所長)
  • 【日誌】 核・ミサイル/沖縄(17年3月21日~4月5日)

くわしく

517号(2017年4月1日号)

公開日:2017.04.07

  • 【姿を現した「トランプ軍拡」路線】  国防予算を10パーセント増、同盟国には防衛負担増要求
  • トランプ米大統領は2月28日の両院議会演説で「歴史的な国防予算の増額」を宣言し、 3月16日には国防予算を10%増額するとの18会計年「予算方針」を提示した。大統領 はこの軍拡予算を背景に、同盟国への防衛費負担増の圧力を強めている。「アメリカ 第一」を標榜するトランプ路線は、同盟国のみならず「敵対国」をも巻き込んだ軍拡の 嵐を巻き起こそうとしている。安倍政権はこの路線を歓迎し、「防衛費GDP1%枠」を 公然と捨て去って積極的に一端を担うことを示唆した。地域の軍拡と相互不信を増幅 するこの愚行を止めるのは日本市民の役目だ。
  • <資料>トランプ大統領の両院合同議会演説(抜粋訳)
  • 【コラム:防衛費を考える(1)】 「後年度負担」によって膨らむ「実質物件費」
  • 【ピースデポ第18回総会記念講演会・抄録(1)】    「北朝鮮核開発の現状と非核化の課題 ――発想を変え、ロードマップを描くとき」             石坂浩一(立教大学准教授)
  • 【日誌】核・ミサイル/沖縄(17年3月6日~3月20日)

くわしく