イアブック「核軍縮・平和」

イアブック「核軍縮・平和」は、日本と世界の平和・安全保障問題をコンパクトに整理・解説したピースデポの年鑑です。新聞や他のメディアでは入手できない情報が満載されています。豊富で正確な一次資料やデータ、そして的確な分析は、核軍縮をめぐる世界、日本の動向を知りたいと願うすべての方に必携です!

核軍縮と平和を実現するために、市民と自治体に何ができるのか? そのヒントを満載した「イアブック」。ぜひ、お役立てください!

バックナンバー

20142013 / 2012 / 2011 / 2009-10 / 2008 / 2007 / 2006 / 2005 / 2004 / 2002 / 2001 / 2000 / 1999 / 1998

ご注文は、下記のフォームにて受け付けています。

書籍注文フォーム

イアブック「核軍縮・平和 2015-17」〜市民と自治体のために〜

監修:梅林宏道
A5判 360ページ 編著:NPO法人ピースデポ 発行:緑風出版 2017年11月20日

核軍縮問題に力点を置きつつ、日本の平和と安全保障に関する2016年の動向(一部2017年を含む)を、市民や自治体の視点から「キーワード」ごとに整理し、解説しました。豊富な一次資料、データも満載です。

核軍縮と平和を実現するために、市民と自治体に何ができるのか? そのヒントを満載した「イアブック」。ぜひ、お役立てください!

頒価 2,000円
会員・購読者価格 1,700円

(送料別、5部以上で無料。)

主な内容

  1. 特別記事
    1. 暗い時代を超える知と力を求めて 遠藤誠治
    2. 核なき世界へ前進する道 ダグラス・ロウチ
    3. 北東アジア非核兵器地帯設立へ包括的アプローチ 田巻一彦
  2. 核軍縮・平和:41のキーワード
    • A.特集 核兵器禁止条約の交渉へ
      高まった非人道性の認識―3度の政府主催の国際会議/国連OEWGを開催、核軍縮に有効な法的措置がテーマ/国連OEWG、17年の禁止条約交渉開始を勧告/核軍縮の法的措置―国連OEWGに諸提案/被爆の実相と核抑止力依存; 行き詰まる日本の核政策/国連総会、禁止条約交渉の17年開始を決議/NPTに関するP5プロセス、軍縮方針示さず/進まぬ「ステップ・バイ・ステップ」

    • B.核軍縮・不拡散―世界の動き
      北朝鮮、2回の核実験と多数のミサイル実験/北朝鮮の核・ミサイルに安保理が制裁強化/イラン核交渉、共同包括的行動計画の履行始まる/欧州ミサイル防衛で深まる米ロ対立/第4回核保安サミット、「核兵器廃絶」こそが求められる/ICJ、マーシャル訴訟を却下―門前払いに再提訴の可能性

    • C.各国の核・安保政策と出来事
      続く米核予算増と新型核実験、根底に上院の縛り/米国、ミサイル防衛を欧州、アジアで強化、拡大/米韓日、北の核・ミサイルに軍事的圧力で対抗/バイデン副大統領、オバマ政権の核軍縮を総括/拡がる米国の中国包囲網:「リバランス」政策と連動/ロシア、核戦力近代化を推進―依然として低い透明性/中国は「海洋戦略」重視、米は南シナ海に懸念/英議会下院、「トライデント」更新を再確認

    • D.日本では何が起こっているのか
      安保法制施行―新たな危険な動きが始まる/南スーダンPKO―「日報」の公開請求に不当な回答/2016年の防衛費、5兆円超えの4年連続増/産学軍事共同研究が拡大、大学の自律と公開が鍵/防衛装備移転三原則から3年、懸念される武器輸出拡大/実なき和解外交―真珠湾訪問と「慰安婦」合意/オスプレイ、とうとう大事故発生―今後も続くおそれ/弾道ミサイル防衛能力艦が7隻に、横須賀基地の強化続く/「 もんじゅ」廃炉を機に、「核燃料サイクル」全体の見直しを/日印、核協力協定に署名:核ビジネスと軍事協力を優先

    • E.自治体とNGOの活躍
      非核協、核兵器禁止交渉開始の国連決議を支持/平和首長会議、国際会議で核兵器の法的禁止を積極発信/ヒバクシャ国際署名始まる:国連総会に56万筆を提出/オール沖縄が安倍政権と対峙―生物多様性国家戦略を盾に/抜本的見直し求められる「日米地位協定」/ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)、核兵器禁止条約を推進/北東アジア非核兵器地帯を! 宗教者が声を上げる/ピースデポ、OEWGに作業文書―日本のNGOで唯一、初めて/日本パグウォッシュ運動、新しいスタート

  3. 市民と自治体にできる9つのこと

  4. 54の一次資料

  5. 「データシート」と「用語の説明」
    記事に関連した図説や表を随所に配置し、解説しています。読みやすさ、使いやすさを追求しました。

URLで原典へのアクセスをサポート

※必要な出典を注記しましたので、読者が直接原典に当たることができます。
原典のURLをつけてありますので便利です!

イアブック「核軍縮・平和 2014」〜市民と自治体のために〜

監修:梅林宏道
A5判 356ページ 編著:NPO法人ピースデポ 発行:緑風出版 2014年11月30日

YB141

 

頒価 2,000円
会員価格 1,700円


主な内容

  1. 核軍縮:2013年の概観
    延命する核抑止論、遠のく「核兵器のない世界」――広範な国際世論の持続が重要 梅林宏道

  2. 特別記事
    1. 「安保政策の大転換」にどう向き合うか 吉田遼
    2. 民主主義の主体と情報 梅林宏道
    3. NPT準備委における新アジェンダ連合の訴え パトリシア・オブライエン
  3. 核軍縮・平和:49のキーワード
    • A.特集 核兵器:非人道性から禁止の法的枠組みへ
      オスロで初開催、「核兵器の人道的影響」国際会議/「核兵器の不使用」共同声明―4回目で日本もようやく賛同/オーストラリア共同声明、「非人道性」アプローチを牽制/多国間核軍縮交渉の新しい展開、OEWG(国連公開作業部会)/第68回国連総会―淀む核軍縮の流れ/核軍縮に関するラテンアメリカ・カリブ諸国共同体宣言/北東アジア非核兵器地帯へ―国連軍縮諮問委員会が画期的勧告/国際赤十字・赤新月、核廃絶へ4か年行動計画/多様化するNGOの主張―ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)、バーゼル平和事務所など

    • B.核軍縮・不拡散―世界の動き
      失望の結果に終わるNPT(核不拡散条約)再検討会議第3回準備委/中東非WMD(大量破壊兵器)地帯会議―13年中も開催されずNPDI(不拡散・軍縮イニシャチブ)、参加国が2か国増加し12か国に政権交替したイランの核問題、合意で危機回避北朝鮮「衛星発射」に対し、安保理が制裁強化北朝鮮、3度目の核実験―安保理は制裁決議米DOD(国防総省)、北朝鮮軍事情勢で初の議会報告シリア、廃棄に合意し化学兵器禁止条約に加盟武器貿易条約(ATT)、国連総会で採択―実効性には多くの課題イラク保健省のDU(劣化ウラン弾)報告書―懸念される影響の過小評価

    • C.各国の核・安保政策と出来事
      オバマ政権、13年中に2回の新型核実験を実施米核兵器の維持管理予算、緊縮財政でも続く特別扱いオバマ大統領、ベルリンで演説―配備核弾頭の削減を提案オバマ政権、核兵器に関する初の大統領指針を策定米ミサイル防衛計画に変化―西海岸などでGBI(地上配備迎撃体)を増強米、欧州配備核爆弾に公約違反の精密誘導機能ロシア、核戦力近代化を推進中国軍近代化、際立つ海洋進出―日米の軍事的対抗も加速「非核スコットランド」なるか―独立住民投票へ向けた攻防無人機攻撃に国際法規制を―国連特別報告者が中間報告

    • D.日本では何が起こっているのか
      国連総会の「日本決議」―核兵器国に甘い主張が続く/安倍政権、初の「国家安全保障戦略」策定/武器輸出三原則にまた例外化措置 日米「2プラス2」、「防衛協力の指針」見直し協議進める/日米政府、嘉手納以南の6基地統合計画で合意/在沖海兵隊グアム移転―米国内議論の影響で遅延/オスプレイ普天間に追加配備―日本も購入を決定/繰り返される米兵犯罪―求められる地位協定改定/横須賀の原子力空母の交代―15年に「R・レーガン」へ/一転、核燃料サイクル推進へ

    • E.自治体とNGOの活躍
      北東アジア非核兵器地帯署名、首長543名分を国連事務総長へ提出非核協、「核の不使用声明」不賛同の政府を批判平和市長会議が平和首長会議に名称変更PNND(核軍縮・不拡散議員連盟)、「列国議会同盟(IPU)」との関係を強化第5回地球市民集会ナガサキ ―「核兵器の非人道性」に焦点レクナ核弾頭追跡チーム、データとポスターを公表「継承する会」、ヒバクシャ記憶遺産継承センター構想を発表外務省の「ユース非核特使」始まる日弁連、「国防軍」の創設に反対決議限定的地域核戦争で20億人が「核の飢饉」

  4. 市民と自治体にできる9つのこと

  5. 48の一次資料

  6. 「データシート」と「用語の説明」

イアブック「核軍縮・平和 2013」(2013年11月発行)

監修:梅林宏道 A5判336ページ 頒価2,000円、会員価格1,700円(送料別)

  • 特別記事
    ゴジラをなだめる:北東アジアの核抑止力 梅林宏道、アラン・ウェア、イ・キホ
    「尖閣問題」をどう解決するか? 吉田遼
    核の飢饉 アイラ・ヘルファンド
  • 特集:北東アジアにおける平和の枠組み
  • 45のキーワード
    核軍縮・不拡散―世界の動き/各国の核・安保政策/自治体とNGO など
  • 44の一次資料
  • 「データシート」も随所に配置しました。
YB131

イアブック「核軍縮・平和 2012」(2012年10月発行)

監修:梅林宏道 A5判336ページ 頒価1,800円、会員価格1,500円(送料別)

  • 特別記事
    国連と人道アプローチによる核軍縮 ランディ・ライデル
    米国の新国防戦略とアジア太平洋、日本 田巻一彦
  • 特集:2010年NPT再検討会議 合意の履行
  • 46のキーワード
    核軍縮・不拡散外交/各国の核・安保政策/自治体とNGO など
  • 45の一次資料
  • 「データシート」も随所に配置しました。
yearbook121

イアブック「核軍縮・平和 2011」(2011年6月発行)

監修:梅林宏道 A5判328ページ

  • 特別記事
    福島事態と核兵器 梅林宏道、湯浅一郎
    2010年NPT再検討会議―珠玉の演説
    • ナガサキを最後の被爆地に 谷口稜曄(長崎被爆者)
    • 核兵器の非人道性こそが問題の核心 カルミレイ・スイス外相
    • 核兵器禁止条約に向かって進む シュピンデルエッガー・オーストリア外相
    • 核兵器の時代に終止符を ケレンベルガー赤十字国際委員会総裁
  • 特集:2010年NPT再検討会議
  • 47のキーワード
    核軍縮・不拡散外交/各国の核・安保政策/自治体とNGO など
  • 36の一次資料
  • 「データシート」も随所に配置しました。
YB111

イアブック「核軍縮・平和 2009-10」(2010年5月発行)

監修:梅林宏道 A5判320ページ

  • 特別記事
    「今、核廃絶のために何をなすべきか」 土山秀夫 「問題は未来なのだ。愚か者!―半生の異議申し立て―」 ダグラス・ロウチ
  • 特集:「核兵器のない世界」への気運の高まり
  • 48のキーワード
    核軍縮・不拡散外交/各国の核・安保政策/自治体とNGO など
  • 42の一次資料
  • 「データシート」も随所に配置しました。
yerbook09-10

イアブック「核軍縮・平和 2008」(2008年8月発行)

監修:梅林宏道 A5判289ページ

  • 特別記事
    核兵器廃絶こそが市民を守る―広島、長崎と国民保護計画 田巻一彦
    核軍縮、中堅国家構想の挑戦―2010年に向けて 梅林宏道
    インド洋給油の実態を暴いたピースデポの調査 湯浅一郎
  • 特集:北朝鮮・イラン・インド
  • 41のキーワード
    核軍縮・不拡散外交/各国の核・安保政策/自治体とNGO など
  • 36の一次資料
  • 「データシート」も随所に配置しました。
yearbook08

イアブック「核軍縮・平和 2007」(2007年8月発行)

監修:梅林宏道 A5判311ページ

  • 特別記事
    対談:被爆者運動に関わって―日本被団協50周年と原爆症訴訟 田中煕己 内藤雅義
    NPT体制を崩壊させる米印核協力 山口響
  • 特集:北朝鮮の核・ミサイル実験
    特別寄稿:何が行われたのか―北朝鮮核実験の技術的検討 鈴木達治郎
  • 51のキーワード
    核軍縮・不拡散外交/米軍再編・自衛隊/自治体とNGO など
  • 48の一次資料
  • 「データシート」も随所に配置しました。
yearbook07''

イアブック「核軍縮・平和 2006」(2006年7月発行)

監修:梅林宏道 A5判301ページ

  • 特別記事
    北朝鮮と6か国協議 チョン・ウクシク
    NPT再検討会議と国連 中村桂子
    平和主義と米軍再編 梅林宏道
    <講演録>東アジアの安全保障 高野孟
  • 52のキーワード
    米軍再編/核軍縮・不拡散外交/自治体とNGO など
  • 40の一次資料
  • 「データシート」も随所に配置しました。
yearbook061

イアブック「核軍縮・平和 2005」(2005年8月発行)

監修:梅林宏道 A5判382ページ

  • 特別記事
    米軍再編と在日米軍 梅林宏道
    速報:2005年NPT再検討会議 中村桂子
    9条を変えるな-東北アジア紛争予防の基礎 吉岡達也
    韓国人被爆者の証言 郭貴勲
    NPT:私たちが立ち向かうべき試練 スージー・スナイダー
  • 63のキーワード
    北朝鮮の核兵器/国民保護計画と自治体/イラクの自衛隊 など
  • 30の一次資料
  • 「コラム・ファクト」「データシート」も随所に配置しました。
image4

イアブック「核軍縮・平和・自治体 2004」(2004年8月発行)

監修:梅林宏道 A5判355ページ

  • 特別記事
    モデル『東北アジア非核兵器地帯条約』 梅林宏道
    クロノロジー「北朝鮮核危機」 ティモシー・サベジ
    「ブラボー」実験から50年-ビキニ水爆被災の現在を問う 竹峰誠一郎
    有事法制と自治体 田巻一彦
  • 59のキーワード
    イラク戦争、核兵器廃絶・不拡散を巡る動きから有事法制や米軍基地問題まで
  • 25の一次資料
  • 「コラム・ファクト」「データシート」も随所に配置しました。
image2

「核軍縮と非核自治体・2002」(2002年7月発行)

監修:梅林宏道/前田哲男 A4判210ページ

  • 特別資料
    米・核態勢見直し(NPR)暴露部分全訳
    モンゴルの非核法(全文)
  • 特別記事
    「米国の核態勢見直し(NPR)」 梅林宏道
    「テロリズムと核兵器」 前田哲男
    「2002核不拡散条約(NPT)会議報告」 ダグラス・ロウチ(中堅国家構想議長、カナダ上院議員)
  • キーワード(44項目)、資料(33点)もさらに充実!
101-0109_IMG

「核軍縮と非核自治体・2001」(2001年8月発行)

「核軍縮と非核自治体・2000」(2000年8月発行)

「核軍縮と非核自治体・1999」(1999年8月発行)

「核軍縮と非核自治体・1998」(1998年7月発行)